2017年5月9日火曜日

クリスマスローズ咲く

冬枯れの庭に
いつの間にかクリスマスローズのまるい蕾
あっちにもこっちにも冷たい土の中からポコポコと
うつむいているあなた さてさて 今年は
どんなお姿をしていますのやら
 トサミズキの木の下に沢山のこぼれ種から成長して花開く。



寒いときに咲く花には清々しさがありますね
                       (三月の庭より)

味噌の寒仕込み

我が家のじい様は朝の温かいお味噌汁を飲むと
ハァ〜と幸せそうな顔をするの
ですから朝のお味噌汁は欠かせません。
そこで   今年も自家製味噌作りしました。

遺伝子組替え無し日本産大豆  6キロを
よく洗って前日水に浸しておきます。


翌日、朝早くから大豆をコトコト煮ます
ストーブの上、テラスには練炭、その上に
大きなお鍋をのせてグツグツと
さて、その間に麹と塩を混ぜておきます。



昨年迄は手回しミキサーで大豆を潰していました。
しかし
今年は電動になりました。爺さんがネットで買ってくれたのです。
毎年作って欲しいと願う爺のプレッシャーを感じつつも
イヤァ~快適に楽々と潰せました。
 潰した大豆と塩切した麹を混ぜ合わせてお団子にしておきます
この味噌団子を熱湯消毒した容器に投げつけるようにして詰め
最後にラップで空気を遮断して出来上がりです。
床下収納庫に半年寝かせて6月ごろ手を入れてまた半年ほど寝かせ
約一年後からお味噌汁に使います
さて今年はどんな味に仕上がるのかお楽しみに。
                     (2月の作業より)








2017年1月15日日曜日

新年を迎えて

2017年になりました

















正月三が日は春のような穏やかな天気に恵まれましたネ
日頃 離れ離れに暮らしている家族がみんなが揃って
ゆっくりと新年を迎えることができました。
















2016年 皆が健康で過ごせたことに感謝し
2017年 皆が健康で暮らせますようにと祈願しながら
元旦の空に手を合わせました

昨年は色んなことがあり
ブログも更新する気持ちになれませんでしたが
今年は気持ちを新たにして頑張ってみます
季節の行事を楽しみながら一日一日を丁寧に暮らし
それをメモするような気持で更新していけたらいいなぁ~と。
















初孫はこの春から中学生
スキーも上達してきました
ほんとに早いものです、ついこの間まで抱っこできた気がするのに
年に1~2回しか一緒に過ごせませんからね・・・・
正月のスキー場は残念ながら人工雪でした。































大好きな山で日頃の疲れを癒し
また それぞれの場所へ帰りました。

2016年2月20日土曜日

2016年 春待ち

父の生きた年齢までは生きたい・・と
願っていた母が まだ その年齢に届かないまま
突然旅立ってしまってから
心に空いた 大きな穴 を埋められず
なかなか
このブログを書く気持ちになれませんでした。

しかし

いつも 身に着けていた 母の時計は
途切れることもなく 時を刻み続けているし
母が送ってくれた シンビジュウムの 花は
今年の春も 大きな蕾を膨らませています。

なにごともなかった様に季節は廻っていくのですね

私も動き出そうと思うの
母が大好きだったお花を育てながら
元気になって、笑顔になって
また
「庭にいます」を発信しようと思う。


雪に埋もれても起き上がろうとするクリスマスローズ
 1月 こんなに積もりました。
 こぼれ種で育ち こんなに赤いかわいい実をつけ私を誘う
別名「雪中花」のごとく 、この花が咲くころは雪に埋もれて折れてしまうの
それでも花を咲かせる 強い花。
なんてステキなのでしょう!こんなに澄んだ青空を見たのはひさしぶり
主張し過ぎることのない 品のいい香りが漂っています
青空に似合いますねぇ~
スクッと空に向かって伸びる枝に 元気をもらいました








2015年3月21日土曜日

息吹に満ちて

この頃 アイパットミニをバックに入れて持ち歩くようになり
ノートパソコンを開くことが少なくなりました
あの小さなアイパットで検索も、写真も撮れて、ツィッターも手軽にできますし
音楽も聴けますからね 本当に便利になりました。

長い間 開かずにごめんね・・・と言いながら 今日は久しぶりにノートパソコンを
開いてみました。
季節が移りワクワクしながら庭を巡るうちに ブログを書きたくなってきたのです
ブログを書くにはネ やはり こちらがやりやすいの

私のミニ菜園は 今 可愛らしいお花が元気いっぱい  でも そろそろ 
お野菜作り始めますよ
爺ガーデンのフキノトウも花が開いてきました
いつの間にか 枯れ葉の下から プックリとした可愛い蕾が顔をだし まだまだ寒い
冷気の中で スクッと咲きだすクリマスローズ 清々しい花です


いつも うつむいているけど あなたは強い
 
我が家のクリスマスローズは ほとんどほったらかし
こぼれ種で増えたものばかりなの みんな身内の様なお花


 厳しい寒さを耐えて咲く花は なんて清々しいのでしょう 凛として美しい
便利な生活で 身も心もたるみがちな私 この花の様に背筋を伸ばしてみる
子どもが双子だったせいか 二つ揃ったものには ついつい子供たちの姿が重なる
さて もうすぐ日本列島が桜色に染まりますね 精霊が宿る様な桜を見に行きたいな
花見で賑あう場所は苦手。 里山で静かに堂々と咲いている桜に会いたいな 
 
 

2015年1月14日水曜日

りんごのひとりごと

リンゴが美味しい季節  そんな時
決まって口ずさむ歌があるの

 1 ♫私は真っ赤な リンゴです
  お国は寒い 北の国~
  りンゴ畑の 晴れた日に~
  箱に詰められ 汽車ぽっぽ~
  町の市場へ着きました♫ 
  ※リンゴ リンゴ リンゴ
    リンゴ かわいい ひとりごと~♫

 いつ頃 覚えたのか この歌の歌詞は全部覚えています
しかし いつも最後まで歌えないの

2 ♫果物店の おじさんに
  お顔をきれいに みがかれて
  みんな並んだ お店さき
  青いお空を 見るたびに
  リンゴ畑を 思い出す♫
  ※繰り返し

2番の歌詞 「青いお空を・・・・」のところで
いつも泣けてしまうの
故郷を遠く離れて暮らす自分と リンゴの気持ちが重なり 
泣きながら歌う うた



詞・武内俊子
(広島県三原市出身の童謡作詞家)

曲・河村光陽(戦前から戦中活躍の作曲家)で昭和15年に発表された童謡






 3 ♫今頃どうして     いるかしら
  リンゴ畑の おじいさん 箱にリンゴを つめながら 歌を歌って いるかしら
たばこふかして いるかしら♫
※繰り返し

さて リンゴをたくさん食べて寒い冬も
元気に
過ごしましょうネ!




2015年1月12日月曜日

2015年 平成27年 羊年

2015年を迎えました
さて 今年はどんな一年になるのでしょう
事故・事件・自然災害などが少ない穏やかな年になるといいですね。

昨年末は病気療養中の母が88歳で永眠し
これで私も もう父も母も居なくなってしまいました
ただそこに居てくれるだけで心の支えになっている
それが両親なのに・・・・

しかし いつも遠くに離れて居たせいか どうしてもその実感がわかず
もしかして電話をかけると元気な母の声が
今でも聞こえてくるのでは・・・と思ってしまう私です
母の死を通して自分の最期をどのように迎えるのかと
イメージするようになりました。
誰でもいつかは迎えるその日のために、
身の回りをスッキリ片付けながら
一日一日を丁寧に暮らしていきたいと思う2015年の幕開けです

息子二人と嫁さんは3回目の年男と年女
そして孫は春から五年生と一年生。
薄紫のランドセルを自分で選んだそうですよ
偶然にも薄紫は母が大好きだった色。

新年を迎えた山の温泉は雪景色でした


  八ヶ岳の山々が神々しく輝いて 二日の朝は快晴
年末から雪の便りが・・・それも四国の方から、北陸からも北海道の方からも
雪景色を眺めて喜んでいるのも申し訳ないほどです
どうか雪の被害が出ませんようにと祈るばかりです。